Android Spoofing

(Polygon#/GPS JoyStick/Smali Patcher/Downgrade)


Home   Twitter   Lobi   Discord





Polygon# BOT Guide導入Video
Rooted 64bit 環境


GPS JoyStick 導入 Install
●Android6以降
●セキュリティパッチ2017年3月前
GPS JoyStick 】インストール http://gpsjoystick.theappninjas.com/faq/
JoyStickを起動
プライバシーモードの生成」をタップ
同意しインストール
アプリの名前を入力する(好きな名前なんでもOK)
インストールが終わると既存のJoyStickと新しく名前を変えたJoyStickのアプリが2つあります 元のGPS JoyStickアプリはアンインストールしましょう
「プライバシーモードの生成」をしないと使えません




【 GPS JoyStick 】基本設定
「中断されたモッキング」を有効OFF
「間接的なモッキング」を有効ON




【開発者向けオプション】の設定
開発者向けオプション」を呼び出し方
設定→システム→端末情報→ ビルド番号 を連打
戻ると「開発者向けオプション」メニューが出現
仮の現在地情報アプリを選択→ GPS JoyStickを選ぶ
「正規版ポケGO」アプリをインストール起動
位置情報の設定を「高精度」にします
位置情報のerror(12)が発生原因となります 動作がうまくいかない時はキャッシュクリアをしてみましょう





ラババン対策のため「SmaliPatcher」を導入

Android デバイス Root 必要

SmaliPatcher インストール:

https://forum.xda-developers.com/apps/magisk/module-smali-patcher-0-7-t3680053/amp/

ダウンロードしたファイルを解凍

SmaliPatcherを起動します

すでにMock Locationsにチェックが入ってると思います

「ADB PATCH」をクリック

しばらくすると

「SmaliPatcherModule-0.0.x.x-fOmey@XDA.zip」が作成されます

Androidデバイスに入れます

デバイス側

Magiskの左上「」から設定に入り

モジュール」をタップ

下の「+」をタップする

入れてあるSmaliPotcherをタップしてInstall

再起動をかけます

再起動後

Magiskのモジュール内でSmaliPotcherを確認できます

SmaliPotcherの説明は終了です

位置情報がかなり安定し、快適な環境です。




ここからはRootをしない方用

🔴Android 6、7
キュリティパッチ 2017年3月より前
🔴Android 8
キュリティパッチ 2018年9月より前
【Google play開発者サービス】ダウングレード
How to spoof by Developer service Downgrade
Nexus 6P 
Androidバージョン8.1.0
セキュリティパッチ2018.12.5
🌸設定→セキュリティ→端末を探すOFF
🌸設定→セキュリティ→提供元不明のアプリのインストールを許可ON
🌸設定→アプリ→Google Play開発者サービス
バージョン()の中の-前の数字をメモ
画像例:040400
🌸右上からアップデートのアンインストール→OK
🌸Google Play開発者サービスのバージョン 12.6.85~12.6.99になってることを確認
12.6.99以降の場合は別のやり方へ
Google Play開発者サービス12.6.85〜12.6.99をダウンロード
例の「040400」を探してダウンロード
12.6.85 File
🌸ダウンロードしたファイルをインストール
設定→アプリ→Google Play開発者サービス→バージョンを確認
12.6.85(040400-xxx)~12.6.99 (040400-xxx) 成功
上の【 GPS JoyStick 】インストールへ GO ❗️
Google play開発者サービスのバージョンが時間経つと勝手に更新されますのでGoogle playストアを無効にすること! 更新が必要な時だけ有効にする



これでAndroid Spoofingの説明は終了です♡




Home

Twitter

Lobi

Discord





inserted by FC2 system